葉原波音(ぱっぱらぱおーん)

PCメンテしてたら散々な目にあったでござる

Posted on: 2009年8月17日

気がついたら、今使ってるマザーボードJW-RS780UVD-AM2+(128M)の新しいBIOSv1.6が出てた
AM3 CPUに対応とのことなので、Windows 7製品版のDSP版購入時に、AM3 CPUと一緒に買うのもいいかなぁなどと考えつつ、入れてみることにした

トラップ発動!
このマザーボードは、BIOSを入れ替える際、毎ターンBIOSライトプロテクトを有効にする
更に、BIOSのバージョンが1.5の場合、BIOS SETUP MENUから、BIOSライトプロテクトの項目を消去する

どないせいっちゅーねん!

製造元のJ&Wを放浪してみたところ、どうもDOSからならBIOSライトプロテクトを回避できる模様
そして、USBメモリに最小限のDOS起動イメージを書き込むことができる、FlashBoot_lvなるツールも配布されてました
というわけで、早速、手持ちのSanDisk USBフラッシュドライブ cruzer colors+ 8GBにて、FlashBoot_lvに添付されている手順通りに試す

うん、またなんだ
Windows XP互換モードで試したり、Virtual Windows XP上で試したり、普通にXPが入ってるノートPCで試したりしても、DOSイメージの書き込みに失敗したり、DOSイメージ書き込めたと思ったらちゃんと起動しなかったり…
結局、最終的には、Windows 7 RC 64bit上でも、

  • 手順に書かれている「boot.ima」を使わずに、「Use built-in FreeDOS」を選ぶ
  • 手順に書かれている「Superfloppy (USB-ZIP boot mode)」ではなく、「Partitioned disk (USB-HDD boot mode)」を選ぶ

ことで、USBメモリからのDOS起動ができました!

FreeDOSでのBIOS更新って、何かちょっと怖いなぁと思いつつも、レッツトライ!
心配を他所に何か普通に更新できたみたい、んじゃ再起動っと

画面に何も表示されません…
でも、このマザーのBIOS更新後ではよくあること、一度CPUとメモリ、ディスプレイだけの状態で起動すりゃ、BIOS SET UPまではたどり着くさ!
が、今回は違った…
最小構成にしても、相変わらず画面は真っ暗
結局、ジャンパーピンでのCMOSクリアで事なきを得たんだけど、ジャンパーピンでのCMOSクリアなんて、初めてやったよ!
BIOS SET UPで、RAIDの有効化など、いつもの設定に戻して、無事OS起動!

さて、それでは、次のメンテナンスにレッツゴー!
最近、CPUクーラーなのか電源のファンなのか不明だけど、たまにカリカリ変な音がする…
特に高負荷時に顕著
そんなわけで、とりあえず今回はCPUクーラーを交換してみることにしました

選んだのはサイズ KABUTOクーラー SCKBT-1000、今までのAMDリテールクーラーと比べると、馬鹿でかいですw

サイズCPUクーラーKABUTOとAMDリテール品1 サイズCPUクーラーKABUTOとAMDリテール品2

うちのPCはキューブ型なので、この大きさのをのっけるのは通常無理があります
だがしかし! 既に全ドライブを外出し完了しているので、なんくるないさー
今までは内蔵HDD用マウンタを外していただけだったところ、今回は5インチベイ含め、全マウンタをとっぱらって対処!

KABUTO装着・横から KABUTO装着・上から

すごく…大きいです

そして、うん、またなんだ…
このクーラー、リテールクーラーと比べて、とんでもなく付けづらい
キューブ型で中が狭いってのもあるけど、固定具よりもヒートシンクの方が大きく、また、固定具が非常に硬い
で、やってしまいました…

マザボ側のクーラー固定するツメ折っちゃいました!

でかいおかげで重いし、完全にとはいかなくともシリコングリスで引っ付いてるし、きっちり固定しなくても冷却効果は今まで以上にあるようなので、とりあえず今はスクリプト解明まで仮置き…
だがしかし、このマザボのまま、AM3 CPUへ載せ換える気にはなれん…
なんだったの、あの苦労は…
しかも、クーラー交換してみて、異音の原因は電源のファンだということも判明orz

でも、悪いことばかりじゃないよ
壊れたDVDドライブの代わりがやってきたさねー
内蔵ベイのマウンタを完全にとっぱらってしまったのと、ノートPCでも使うため、万が一のACアダプタも標準添付のI-O DATA DVRP-U8XLE2BKを選択

I-O DATA DVRP-U8XLE2BK・上から I-O DATA DVRP-U8XLE2BK・おーぷんせさみー

これ、公式にはx64には対応してないんだけど、ライティングソフトはフリーのを使ってるし、Windows 7のWMP12では最初からDVDも再生できるので、付属ソフトなんて要らんのですよ
こういうコンパクトな光学ドライブは、トレー式より上蓋がパカっと開くタイプの方が扱い楽なんだけど、ここはお値段優先ってことで
トレイ閉じる時に若干ひっかかりがある以外、別段気になるところはないですね

広告

コメント / トラックバック3件 to "PCメンテしてたら散々な目にあったでござる"

はじめまして!
私も最近、DVDドライブのみおかしくなってヤフオクでI・ODATAのドライブを購入したのですがライティングソフトがついておらず困っています。
フリーでいいソフトを探しているのですが、良かったらどのフリーソフトを使っているか教えてはいただけませんでしょうか?

PowerLaser Expressというものを使っていました。
過去形なのは、Windows 7では標準でISOイメージの書き込みもできるようになったからです。
それに気づくまでは先のソフトを使っていました。
ダウンロードは以下のページにて、「Program (ENG) 」を選べばよいです。
http://kiaplayer.narod.ru/programs.html
名前の通り、英語表記ですが、操作自体は難しくはないと思います。
なお、今でもインストールだけはしてあって、Windows 7 x64で動作もしています。

お返事ありがとうございます。
うちはXPなので重宝しそうです!
早速、ダウンロードしてみます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


  • ドレッドノート: お返事ありがとうございます。 うちはXPなので重宝しそうです! 早速、ダウンロードしてみます!
  • 葉原波音(ぱっぱらぱおーん): PowerLaser Expressというものを使っていました。 過去形なのは、Windows 7では標準でISOイメージの書き込みもできる
  • ドレッドノート: はじめまして! 私も最近、DVDドライブのみおかしくなってヤフオクでI・ODATAのドライブを購入し
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。