葉原波音(ぱっぱらぱおーん)

工作活動 其の伍

Posted on: 2009年9月29日

今使っているキューブ型PCケースには背面スロットカバーが4つしかない
現状では、それら4つは

  • SATA×2ブラケット(PUG-01PUG-04S×2)
  • SATA×2ブラケット(同上)
  • 無印Intensity
  • SATA+S/PDIF出力用RCAジャック+電源ケーブル外出し付きのブラケット(自作)

で全て埋まってしまっている
今のマザボにはPCI-Expressレーンが1本しかないけど、いずれは2レーン付いたマザボに変えたいし、内部SATAコネクタ6個あるのを全部外出しできるようにしたい

というわけで、今回のミッションはこちら!

Insensity以外の背面ブラケットを2本にまとめろ

ぱっぱらぱおーん出動!

今回のミッションで作成する物は以下の通り

  • SATA×3+電源ケーブル外出し穴付き背面ブラケット
  • SATA×3+S/PDIF出力用RCAジャック付き背面ブラケット

今回のミッションで使用する秘密兵器をご紹介

ドリルでルンルン クルルンルン

ピンバイスでの穴あけは、パトラッシュ、僕もう疲れたよ…ってことで、電動ドリルドライバーRYOBI FDD-1010KTなのです
ドリルビットやドライバービットは既に持っている上にドリルビットは所詮消耗品なので、別に同社のFDD-1000CDD-1020でもよかったし、むしろ性能的にはCDD-1020にしたかったところだけど、ドリルドライバー本体を収納できるケースが付いているという、ただ1点のみの理由で選択
パワーや使用頻度と電池待ちを考慮して、最初からワイヤレス(充電式・電池式)は候補外

さて、早速穴あけといきたいところですが、単にSATA×3だけであれば、スロット穴の限界ギリギリに斜め配置すればなんとか収まりますが、これに+αとなるとそうはいきません
SATAコネクタ固定用のネジがどうしてもスロット穴以内には収まりません
そんなわけで、PUG-04Sに標準で付いている丸皿ネジを皿ネジに交換することを前提で加工します

標準の丸皿ネジ(左)と皿ネジ(右)

穴あけ・削り加工は、ピンバイスから電動ドリルドライバに変わった程度で、基本的には工作活動 其の参と同じ
ただ、今回はリーマーは一切使わず、ミニルーター用ヤスリビットで代用

削り・研磨に使ったヤスリビット

皿ネジ用加工にもこいつらを使ってます
なお、所詮ミニルーター用なので、軸の強度にはかなり不安があります
折れても怪我しないよう防護措置と予備の準備はそれなりにしときましょう

で、実際に背面ブラケットを加工してみた

穴を開けた背面ブラケット

ネジ穴が大きくなりすぎたのはキニシナイ、固定できりゃいいんです!

RCAジャック(絶縁タイプ)

ちなみに、今回使用するRCAジャック
小さくて絶縁タイプな代物です
前回使用したものは流石に大きさ的に厳しいです

配置してみた(SATA×3 RCAジャック) 配置してみた(SATA×3 電源ケーブル穴)

ほら、ちゃんと固定できてるし!

さて、このままだと、SATAコネクタのブラケットからはみ出た部分が互いに干渉して、2本並べて設置できません
そこで、はみでた樹脂部分を適度にヤスリで削ります

干渉しないよう削ってみた

いよいよRCAジャックに配線します
ケース内結線用USBケーブル(バラタイプ)の片側の芯線をむき出しにし、余計なケーブルは邪魔にならないよう結束バンドで固定

ケース内配線用USBケーブル(加工前) ケース内配線用USBケーブル(加工後)

黒をS/PDIFのGNDに、赤・白をショートさせた状態でS/PDIFのOUT/INにつなぐ想定でハンダ付けします

ハンダ付け

線がぷらぷらして折れないよう結束バンドで固定しているので見づらいかもしれませんが、黒がRCAジャックの外側、赤・白がRCAジャックの内側につながっています

USBポートヘッダ延長ケーブルを流用して端子をまとめる

マザボに接続する側の端子がバラバラだとケース内でマザボに繋げる時にイライラするので、USBポートヘッダ延長ケーブルを使ってまとめてやります
これなら、S/PDIFピンヘッダの配置が違うマザボに変えた時も対応が楽チンです

PC背面

PCに実際に取り付けてみたよ
背面スロットも1つ空いたし、SATAも6本全部外出し出来るようになりました

録音デバイス

S/PDIFのOUTから出た信号がそのままS/PDIFのINに入ってくるので、PCが出す音の録音も簡単!
電気的に問題あるかどうかは知らないw

というわけで、本日のミッション完了!

ぱっぱらぱおーん日誌

タワーケース買ってきた方が安くて早いんじゃね?とかは言っちゃダメなんだからね!
ここまで来ると単なる意地なんだから!
でも、愛着わくよー

あと、軍手は相変わらず必須です
ピンバイスで手の皮がむけそうになる不安はなくなるものの、電動ドリルドライバでの穴あけは、穴あけ対象(背面ブラケット)が余裕でヤケドできる程度に高熱になります
あと、手元が滑った時の防御にも、ないよりはあった方が絶対にいいです

今日の日誌おしまい

本日の戦いの被害者

名誉の負傷

てへぺろ(・ωく)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


  • なし
  • ドレッドノート: お返事ありがとうございます。 うちはXPなので重宝しそうです! 早速、ダウンロードしてみます!
  • 葉原波音(ぱっぱらぱおーん): PowerLaser Expressというものを使っていました。 過去形なのは、Windows 7では標準でISOイメージの書き込みもできる
  • ドレッドノート: はじめまして! 私も最近、DVDドライブのみおかしくなってヤフオクでI・ODATAのドライブを購入し
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。